借金相談で弁護士を選ぶ理由

任意整理や自己破産など借金がらみの相談となると弁護士にするのが一般的ですが、実際には弁護士以外にも認定司法書士や行政書士でもこういったことを扱うことができます。
ただ、どこでも同じようにやってくれるということではなく、手続きや行動に制限があり、それによってできることとできないことが生まれてきてしまいます。
一番制限が多いのが行政書士、行政関連の書類を作成することが本来の仕事ですからわからないでもありませんが、行政書士が借金関連の事柄を行うことができるのは、相談と書類作成まで、実際に任意整理における貸金業者との交渉や裁判に至るようなことは一切できません。
次に制限があるのは司法書士で、まずは国から認定を受けた司法書士、認定司法書士でなければならないということと過払い金請求など裁判沙汰になることが多い場合では簡易裁判所の範疇でなければ扱うことができません。
簡易裁判所が扱えるのは140万円以下の金額を扱うだけでそれ以上の過払い金請求などは扱うことができません。

しかし、それ以外の部分に関してはほとんど行うことができ、貸金業者の交渉や裁判などで代理人となることも可能です。
要するに扱う金額によって制限されているということになります。
そして最後の弁護士ですが、こちらは制限なしでフルで活動することができます。
裁判も地方裁判所以上の管轄となるものに関しても扱えますし、金額的にも制限は全くありません。
もちろん書類作成や手続き、貸金業者との交渉、代理人としての活動もすべて行うことができます。

 

それから、債務整理の種類からすれば、任意整理や借金減額交渉過払い金請求などは金額制限付きということでなら司法書士でも行うことができますが、個人再生手続きや自己破産となると地方裁判所の管轄となるため、弁護士さんでなければ扱うことができないのです。
大多数の方が借金問題で弁護士さんに相談するのもこういった制限なしで手続きや行動をすることができるからで、実際に相談してみないと任意整理がいいのか個人再生がいいのか、それとも最終手段の事故破産がいいのか分かりませんので、すべてのことを滞りなく扱うことができる弁護士さんにお任せするという流れになるのではないかと思われます。
確かにこういった法律に関わることであれば、書類作成や手続きを本来の仕事である行政書士や司法書士にお願いするよりも法律のプロである弁護士さんにお願いするのが妥当だと思います。

借金問題に強い弁護士の見分け方

弁護士さんは法律のプロ、何か困った時に法律の観点から最適なアドバイスをしてくれますし、それを実行してくれる、事件性のあるもので裁判となった時に初容易見方になってくれる人たちですが、テレビドラマのように法廷に立って「異議あり!」などという発言をするような方はほとんどいません。
それは何も能力がないからとかそういった権利がないからということではなく、弁護士さんの中にはそういった刑事事件に強い人や民事訴訟に強い人、離婚問題に強い人、借金問題に強い人などいろいろな方がいるということなのです。
弁護士さんとしてはどのことに関してもアドバイスすることができますし、実行に移すこともできます。

 

しかし、やはり得手不得手というものが有ったり、商売としての観点からある一つの方向性に絞った活動をするというのが現実なのです。
借金問題に関しても同じで、借金問題に特に強い人という弁護士もいますので、借金で困った場合はそういった方にお願いするのが一番です。
さて、そういった方をどうやって見つけるのか?

一番簡単なのが広告、インターネットやチラシ、ポスティングなどで見ることができる広告媒体に借金相談などという文言がかかれていた場合はその弁護士事務所は借金関連を扱っているということになります。
ただこれだけですとその弁護士事務所が借金問題を扱っているのかいないのかを判断するだけのものでそれがイコール借金問題を得意とするということにはなりません。
借金問題を得意とするか否かということを判断するのは非常に難しいことなのですが、比較Teri化しやすいのが「質より量」ということだと思います。

 

もちろん質が悪いのは困りますが、どんな仕事でも東大卒で今年入社したばかりの人間よりこの道何十年のたくさん仕事をこなしてきた方の方が優れた仕事をします。
弁護士もそれと同じで、例えば一軒当たりの過払い金の請求で150万円以上の金額をとることができたというものより、年間何百件も債務整理を扱ってきて、何から何まで知っており、効率の良いやり方を知っている方のほうがいいに決まっています。
CMなどで○○円の過払い金請求を行いましたなどといっているところがありますが、それが偶然そういったいった方がその弁護士事務所に行っただけの話でそれが弁護士の能力ではありません。
こういった情報はあまり出てこないものですが、できる範囲で取扱件数を調べ、それが多いところがいいでしょう。

任意整理しても家族や会社にばれないの?

弁護士さんや司法書士さんに相談に相談してなにやら物々しいイメージが強い任意整理、どうしてもそれが周りに知られてしまうのではないか、知られたら人間関係が壊れてしまうのではないか、会社でも扱いが変わってしまうのではないかと思ってしまいます。
しかし、そういったことになることはそうそうないでしょう。

そもそも任意整理は自己破産や個人再生などと違って公的機関である裁判所が間に入るというものではなく、債権者いわゆるお金を借りた方とそれを貸した貸金業者の間でのやり取りですので、お互いやそれを扱う弁護士さんや司法書士さんが漏らさない限り、任意整理を行っていることを知られることはありません。
同居している家族や別居中のお子さんたち、会社の上司や同僚などに弁護士さんや司法書士さんから連絡がいくわけでもありませんし、裁判所から書類が送られてくることもありません。
事務所からの連絡として電話がかかってきても郵便物や電子メールが送られてきても弁護士事務所であることを伏せて個人名を使ってくれるのでここから漏れる可能性はかなり低いと思われます。
弁護士さんや司法書士さん、貸金業者には守秘義務がありますのでそこからこのことが漏れたらまた別の問題となってしまうのでそこから漏れるということもないでしょう。

 

基本的には債権者本人だけ知ることであって、実際にも家族にも知られないで任意整理を完結した方もいるぐらいです。
ただ、別居している家族ならいざ知らず、同居している家族にはなかなか隠し切れないかもしれません。
例えば今まで毎月30万円も返済として振り込んでいたのに今月から急に10万円になったとか、振込先が違うところになったとか、そういったことで家族が「何でだろう?」と思うこともあり、それを追及されることがあるかもしれません。
それから、知らない方から頻繁に電話や郵便物が届いてその内容を教えてくれないことからも疑念を持たれるかもしれません。

 

どうしてもということであれば仕方がないのですが、せめて同居家族ぐらいにはきちんと話をしておくべきだと思います。
仕事先に関しては全く心配はありません。
仕事先に電話はおろか、郵便物や訪問なども一切ありませんし、任意整理が完了したあとでも過去にあったことが会社側に知られるということもありませんので、会社関係は全く無防備でも安心です。
こういったことでなかなか相談に来られないという方も多いことから弁護士事務所や司法書士事務所でもいろいろと気を使ってくれるようです。